時間は使うけど低コストで出来る「美容」が向いている

「美容法」と言ったら大抵の場合スキンケア用品やUVカット対策、フェイシャルサロンやサプリなどのことをイメージするんじゃないかな?

無論わたしも基礎化粧品は効き目がある方がいいと思っていますが、費用はあまりかけたくないので、1000円台で買い求められる基礎化粧品の中で効きそうなものを買い求めるようにしています。

栄養補給剤はマルチビタミン剤を毎日一粒ずつ口にしているだけです。

たぶん私は時間は使うけど低コストで出来る「美容」が向いているんです。

それは体を鍛えることです。

近所のフィットネスクラブに入会していて、週4、気分によっては日毎、お勤め帰りにフィットネスクラブに足を運んで、90分ほどマシンで筋トレをして30~40分くらいはルームランナーでランニングしています。

適度な発汗は身体だけでなく精神的にも爽快です。

あとアセをかくと体の毒素も出てくれる気がするので、トレーニング後の素肌の状態がたぶん一日の中で一番良いと思います。

やはりたくさん動いて代謝を促すことにより、素肌も元気になるのではないかと思っています。

おそらくフィットネスジムの月謝を考えると、高額なスキンケア用品を愛用していてフィットネスジムに入っていない方と何だかんだ言って同じぐらいの出費だと思います。

だけどあたしは健康的な身体とキレイな素肌をどっちも保てるジムの方にお金をかけることが目下のところ一番良いと思っています。

一所懸命体を温めようと思っていたら自分の周りには色々なアイテムが…。

湯たんぽは元より、しっかり保温してくれる水筒に保温性の高いコップ。

これには蓋が付いていて飲むときに蓋を回して飲むタイプの物です。

だから思いのほか冷めないためずっと温かいまま飲み物を飲む事ができるのです。

他にもお尻の部分が温まるクッション。

保温性の高いインナーやソックス。

数えだしたら終わりません。

体が冷えた時の事を考えると美容に良くない以上に命に影響があるのではないかと怖くなるのです。

暑さには勝てますが寒さには弱いので動き辛かったり背筋も曲がってしまいます。

寒いと背中が丸まってしまいませんか?そんな時私は両腕に手を当てて摩りながら前かがみになってしまうのです。

それが胸を押さえつけてしまうのでカラダに悪影響を与えます。

カラダに悪影響な事はいずれ美容に関係してくるのではないでしょうか?出来る限り全身を温めて胸に圧力がかからないようにしています。

毎日のように蒸し暑くて、ギラギラ照りつける太陽ばかり見ていると紫外線に攻撃されて嫌になっちゃいます。

肌にとって太陽の光は天敵!UVカットクリームを塗り更にUVカットファンデを使っているのですが汗で崩れて困ってます。

何度塗りなおしても大量の汗と一緒に崩れてしまうので、毎日、汗と紫外線との争いです。

また、忘れてはいけない所がデコルテと首筋。

日焼け止めを塗って尚且つ肌を見せないように注意して出かけるのですが、帰ってくるとほてっていることもあります。

なので、夜入浴後は、日焼けのクールダウンも兼ねて、美白に効果のあるボディクリームを擦り込んでいます。

もちろんスキンケア用品もシミ、ソバカスを防ぐものを選び、十分に手入れをしています。

どんなに日やけしないようにとがんばっても、どうしても焼けてしみが出来たりシワが出来たりしてしまいます。

更に、疲れてくると一段とシワが目立って、顔もたるんでしまいます。

そういう日はちょっと熱いお風呂に浸かってお顔のマッサージをすると疲れも癒され顔も心もサッパリします。